« 84才の父が枕をものすごく高くして寝ます。良く眠れないようです。どんな枕が良いですか? | メイン | 健康寝具・偽物と本物を見分けるコツ »

羽毛リフォームの価格について

10年以上の羽毛布団を使っています。

中の羽毛が寄ってきています。
打ち直しの場合、どのぐらいが妥当な価格でしょうか?

お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。


私が知る限り、現在3通りの方法があるようです。(参考価格はシングル、ダブルの場合は約1.5倍)

1)古くなった現在お使いの羽毛ふとんに、少しばかり羽毛を追加してボリュームを取り戻す。シングル約10,000から20,000円

2)古くなった現在お使いの羽毛ふとんの中綿羽毛を、原料羽毛として取り出し、壊れた羽毛や、ダニ、ホコリを完全に取り除き(除塵)、洗浄、抗菌、処理の後、新しいがわ生地に追加羽毛と共に新品同様に仕立て直す。追加羽毛のグレードで差が。??約25,000?60,000円

3)訪問販売による、所謂ぼったくり商法。リフォームと称して、価格の判りづらいシルク側生地羽毛ふとんに取り替える。私たちには信じられない程の高額。
 
3)は論外。
1)も、お金を掛ける意味がないと私は思っています。さらに業者の技術レベルにより、後々問題が出やすい。

2)も最近、テレビショッピングで安価に宣伝していますが、側生地の品質が超長綿といっても、ピンからキリで不明の上、中綿羽毛を目の前で確認しないリフォームは、無責任としかいいようが無く、どんな有名タレントが、台本どおり、どんな台詞をしゃべろうとも、選択しないのが賢明。

※ホームセンターで買った羽毛ふとんなら、リフォームするより新品を買い直した方が、逆にお得!

私は、中綿羽毛を確認の上、2)の方式で、西川リビングか、山甚物産の工場でのリフォームを選択し、お奨めしています。

あなたも賢い選択をして下さいね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年05月29日 12:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「84才の父が枕をものすごく高くして寝ます。良く眠れないようです。どんな枕が良いですか?」です。

次の投稿は「健康寝具・偽物と本物を見分けるコツ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。