祖母が号泣したあの日の出来事

何故羽毛布団の品質に、こんなに私が強くこだわるようになったのか?

それは祖母が号泣した、あの日の出来事があったからです。

製鉄所研究員から転身し、父の店を手伝うようになって間もなく、
母方の祖母から
「叔母の婚礼ふとんを見て、リフォームをしてほしい。」
と、連絡がありました。もう四十数年前の事です。

その叔母は、祖母にとって、高齢で生まれた末子で、しかも体があまり
丈夫でなかったため、特に可愛がっていた子です。

わたしとは五つ上の姉のような存在でした。

その叔母が結婚した時、用意した婚礼ふとんが、「なか綿が重く、固く
て、寝ても寒いので、高額だったし、もったいないので、軽く柔らかく
リフォームをしてくれ。」
と、いう事でした。

その当時、結婚には、仲人さんの存在を無視できない時代で、婚礼支度
の高額品は、呉服も寝具も、ミシンも電化製品も、すべて仲人さんが
指定する店で買わねばいけない風潮でした。

その指定店で用意した布団が、嫁いだ娘の家に泊まって寝てみたら、
「ひどい布団だった。」
というのです。

そこで、祖母の目の前で、ふとんの綴じ目を開いてなか綿を確認すると、
なんと、黒い綿が入っていたのです。

それは、当時最低レベルの綿と知られていた、紡績くずからの再生綿
でした。

がわ生地は高額の正絹緞子で、見た目だけでは高級に見える布団です。

そのなか綿を見た瞬間、祖母が大声を上げて泣きだしたのです。

その祖母は、常々「世が世なら、」が口癖の人でした。

人がうらやむ戦前の暮らしから、一変した戦後の厳しい生活の中を、
必死でやりくりしながら、末子の娘の婚礼には、世間に恥じぬ
ありったけの支度をしたつもりだったのに、

「わしはこれ程まで、商売人から軽くあしらわれ、馬鹿にされるように
なったのか?勧められるままに選び、値切りもせずに金を払ったのに。」

生涯守り続けた自分のプライドを、ズタズタにされた思いだったに違い
ありません。

そのふとんは、そっくり最上級の木綿ワタに入れ替え、届けました。
私の祖母以外にも、同じような思いをされた方は、数知れないことでしょう。

中身の分かり難い商品だけに、中身をごまかすことはあたりまえ。老舗店の看板をいいことに、お客様をだまし放題の店は、いまなお少なくありません。

さらに、有名な東証一部上場訪販会社の、無茶としかいいようがない格安羽毛布団の高値販売。又、最近問題となってきた、まさに犯罪とも言える 悪質訪問販売と催眠商法。

《実例1》
買ったばかりの布団の綴じ目が、たまたま外れたので自分で修理をしようと中綿を見たら粗悪な綿だったので、何かの間違いと思い購入先のお店に行ってその事を言うと
「因縁を付けに来たのか。」
と、怒鳴られたと震えながら話す品のいい奥さん。
----現在この店は、有名子役女優を宣伝に日本有数の店となっています。

《実例2》
「お布団見せてください。」
と店内を見てまわられ、
「こんなにいいお布団がこんなに安くてあったのね。」
と、しゃがみこんでしばらく動けなかった催眠商法被害者らしい方。

《実例4》
弊店でネオアイダー羽毛布団という素晴らしい布団をお買いになった折、
「病院の職域販売で20万円で買った羽毛布団が暖かくないの。」
と言われ、もったいないからとリフォームを薦め、念のため布団を開いて中綿を確認させてもらったところ、フェザーをすり潰したような、いわゆる羽毛のゴミが出てきて、
「見たくないから捨てて!」
と、叫んでお帰りになったお客様。

などなどの実例は、枚挙に暇がありません。

こういったことをお客さんに話すと、
「あんたは正義感ぶって偉そうで嫌いだ。」
と、逆に敬遠される始末です。

同業先輩諸氏から、
「正義感で商売は出来ない。」
「商売に理屈は要らん。」
と、どれほど馬鹿にされたことでしょう。

中身の分かり難い商品だけに、悪徳商法・粗悪品の氾濫する業界に激しい憤りを感じるも、差別化に苦慮。

でも、
「おたくで買ったら、今まで周囲から聞いていたよりはるかに安く、家族中の羽毛布団を買い揃え出来、しかもみんな掛布団一枚で一冬過ごせて、楽な睡眠が出来るようになって感謝してるのよ。」
とか、
「羽毛布団の値段の違いが分かり難くて今まで買わななかったけど、はじめておたくで羽毛布団を買って使ったら、とても暖かく軽くて気持ち良く、寝る幸せを毎晩しみじみ感じています。」

とのお礼の言葉をお買いいただいたお客様からかけて下さる事が何度もあって、感激しているうち、
『そうか~。自分は皆さんの幸せ向上のささやかなお手伝いをさせて頂いているんだ。】
と感じたとたん、心の底からこの商売をする喜びが込み上げて来ました。

そこで、どのように分かり難い羽毛布団の品質と価格比較をするかを考えた あげく考えついたのが、車格に例えた
『損をしない羽毛布団選び一万円から百万円』
です。

これを店内に張り出していたら、大阪西川、山甚物産、ロマンス小杉各社の営業担当者がそれぞれに、
『全国でもこれほどはっきり分かりやすい形で羽毛布団の価格比較をしている店は無いでしょう。』
との事で、それではとHPへの掲示を始めたわけです。