2006年5月アーカイブ

「親戚の西川チェーン店で買った高級羽毛布団だから、大事に扱ってくれ!」
と、あるお客様が羽毛布団の丸洗いを依頼されました。

なぜ、親戚の布団屋さんに出されないのか疑問ではありましたが、仕事ですからお受けしてよく見ると、

ーー羽毛布団の表示ラベルに西川のメーカー名でなく、三流メーカーの名前があります。ーー

「親戚のあの店は、西川チェーン店でいいふとんしか売っていないから高かったんじゃ!」
と、持ち込まれたお客様は得意げ。

密かに(この程度の羽毛布団で自慢できないけどなー・・・。)と、思っても雰囲気的に本当のことが言える状況じゃありません。
(でも、話しぶりから結構高い金額を払わされているようです。

ふとん丸洗いは、がわ生地を取り替えるわけではなく、きれいに洗った羽毛布団をそのまま納品するわけだから、納品時のトラブルが生じることがなく、黙っておっしゃることを聞いていました。

実をいうと、これと同じ実例が非常に多いのです。

毎日、西川リビング株式会社のお客様相談センターへ殺到する苦情の電話から、ラベルを確認していただくと西川羽毛布団ではなかった。ということがとても多く、私の店の近くでも、西川羽毛布団と称して売っている羽毛布団がやはり三流製品だったと苦情が殺到し、西川が裁判を起こし、西川チェーン店を名乗ることを止めさせた事件が過去にありました。

その店は、今なおやり方を変えることなくドンドン商売をやっています。

昔流行った歌に、『骨まで愛して』というのがあり

『生きてる限りはどこまでも、だまし続けてほしかった♪。』

これもある種の消費者ニーズなのか?と、暗い気持ちになり一瞬。

でも、我が信じる道を元気よく、前へ、前へ・・・。

江戸時代へタイムスリップしたかのような鞆町の通り
古代より、歴史の舞台にしばしば登場する、福山市鞆町。 江戸時代の風情を今に伝える町並みの、保存か開発かで揺れに揺れています。

※画像クリックで拡大写真


  鞆沖の小島・弁天島


奈良時代に訪れた朝鮮使節がその絶景を讃えた、阿伏兎観音堂


  漁の安全と大漁を祈って舞う乙姫

又、この5月には、古くから鞆の浦の漁師達によって伝えられてきた、伝統漁法による観光鯛網が毎年おこなわれます。地元市民にとって、有る事は知っていても実際に見る事の少ない、この鞆の浦の観光鯛網を仲間達と見学に行ってきました。






  引き上げた網の鯛は、直ちに現地即売に


一匹千五百円で販売した漁師さんの手には
千円札の束が。

裏話を明かせば、この観光鯛網は毎年赤字続きなのです。

鯛網見学はともかくとして、鞆の町並みの史跡探索は、意外な発見が多く、満足度抜群ですよ。

鞆の港は、手漕ぎ帆船だった時代に瀬戸内海を航行する船にとって、強い潮の流れを利用して航行する為の潮待ち中継港として、江戸時代までには非常に栄え、歴史にしばしば登場します。

奈良時代には万葉集にも歌われ、足利義昭の鞆幕府跡や、山中鹿之助の首実検後、心ある人によって手厚く葬られた首塚。
有名な安国寺恵瓊の寺。
幕末時代、勤王の公家七卿が身を隠した屋敷。坂本龍馬のいろは丸転覆後、我が国最初の国際法に則った海難交渉がおこなわれた旅館などなど。

一日歩き回って、丁度いいウォーキングコースですよ。

本物を見ず、本物を知ろうとしないから、だまされ道を誤る。世間にはびこる虚偽や虚飾を見破り、真実に生き切る目を持ちたい。・・・・

なんだか、頭をがぁ?んと殴られたような気が・・・。

古典にも
『天晴れぬれば地明らかなり。・・・』
と、有ります。

自らの精神が澄んでないから見えないのか?

人生どこまでも修行ですね。

遠い昔、学生時代に北海道旅行をした折、定番のようにクラーク博士の銅像の前で写真を撮りました。

『少年よ大志を抱け。』
の、言葉の後に続く言葉が、
『この老人のように。』
とあることは、今まで知りませんでした。

■ 大志は持ち続ける事が大事なんだ。 ■

勉強不足でした。

私が知る限り、現在3通りの方法があるようです。(参考価格はシングル、ダブルの場合は約1.5倍)

1)古くなった現在お使いの羽毛ふとんに、少しばかり羽毛を追加してボリュームを取り戻す。???約10,000?20,000円

2)古くなった現在お使いの羽毛ふとんの中綿羽毛を、原料羽毛として取り出し、壊れた羽毛や、ダニ、ホコリを完全に取り除き(除塵)、洗浄、抗菌、処理の後、新しいがわ生地に追加羽毛と共に新品同様に仕立て直す。追加羽毛のグレードで差が。??約25,000?60,000円

3)訪問販売による、所謂ぼったくり商法。リフォームと称して、価格の判りづらいシルク側生地羽毛ふとんに取り替える。私たちには信じられない程の高額。
 
3)は論外。
1)も、お金を掛ける意味がないと私は思っています。さらに業者の技術レベルにより、後々問題が出やすい。

2)も最近、テレビショッピングで安価に宣伝していますが、側生地の品質が超長綿といっても、ピンからキリで不明の上、中綿羽毛を目の前で確認しないリフォームは、無責任としかいいようが無く、どんな有名タレントが、台本どおり、どんな台詞をしゃべろうとも、選択しないのが賢明。

※ホームセンターで買った羽毛ふとんなら、リフォームするより新品を買い直した方が、逆にお得!

私は、中綿羽毛を確認の上、2)の方式で、西川リビングか、山甚物産の工場でのリフォームを選択し、お奨めしています。

あなたも賢い選択をして下さいね。

使用歴12年が過ぎた私の羽毛ふとんを、暖かくなったので薄掛ふとんに替え、収納する為、廊下のガラス越しの太陽に一日あてておいたら、随分膨らんでいました。 ■薄掛ふとんの上質お買い得品

私が使用している羽毛ふとんは、日航商事が取り扱っていた、JALブランドの羽毛ふとんで、中綿は、ポーリッシュマザーグース・ダウン95%のもの。当時、メーカー希望小売価格¥105、000を実販売約¥80,000弱でしていたと記憶しています。

■同程度の羽毛ふとんがお買得に

私が強いこだわりでお奨めしている、優良トップ4大メーカー以外でも、このように優れた羽毛ふとんを提供しているところは確かにありますが、難点は残念ながら、一般的でない事。

こうしたメーカーさんには申し訳ないのですが、羽毛布団選びは、非常に判りづらい部分が多く、消費者にとって出来るだけ判りやすいように、単純化してお話しするようにしているのです。

■羽毛布団選びで損をしない知恵

さて、羽毛ふとんの収納については、お客様から多くの質問が寄せられています。

ポイントは、夏場にさしかかった頃の天気の良い日に、天日に干すなら一?二時間程度。特にお奨めは、日当たりの良いガラス越しの天日に半日程度干して、その後よく羽毛ふとんの中の空気を入れ換えます。

大事な事は、何度も触れていますが、叩かない事は当然として、羽毛ふとんを押さえて、中の空気を押し出す時、ゆっくりと優しく扱う事。女性に触るかのようにゆっくりと優しく中の空気を何度か入れ換えて、購入時の収納バッグに収めます。


実は、私がやっている裏技をあなただけにお教えします。

和ふとんの裏生地のような大きな生地を用意しておいて、縦3、横3枚に畳んだ羽毛ふとんを真ん中におきます。

そして生地で巻き込みながら包み込んでいくと、軽くてコンパクトな、一見クッション風に。

お気に入りの柄で包めば、お部屋の飾りにも。

ただくれぐれもご用心を。

本当のクッションや枕扱いして、上に乗ったりしていると、中綿羽毛のダウンが壊れやすくなり、かえって羽毛ふとんの寿命を縮める事に。

お気を付け下さいね。

中綿の品質表示は抜群。織り生地で豪華。手触りも、見た目も抜群。

でも、この織り生地は、過去に中綿羽毛の吹き出しクレームが多発し、優良トップメーカーでは殆ど使用していません。しかもよく見れば、ポリエステル混紡生地。余計に羽毛が吹き出し易いはず。

他店で数年前に購入。相談に訪れたお客様が持ち込んだ羽毛ふとん。プロの私が見ても、いかにも高そう。(高そうなのです。良さそうなのではありません。)

『高かったでしょうね。』

『○十万でした。』

『この表示通りの中綿羽毛だと、二?三十年は長持ちしないとね。』

『まだ買ってから六年です。』

『優良メーカーなら、保証なり、最悪でも実費修理してくれるのですが。』

『・・・・・。』

『“西川リビング”に、リフォームさせましょうか?』

『お願いします。』

帰り掛けに、
『はじめから、これだけ説明を聞けば、こんなメーカーの羽毛ふとんは、買わなかったのに・・・。』

と、残念そう。
テレビショッピングでも、有名芸能人がいかにも良さそうな説明をしていますが、いつも思う事は、本当にその人達は、そのふとんで何年も満足して使用しているのだろうか?

特定のメーカーの、一方的で独善的な説明と見栄え、そして金額だけで選んで、長期的にどれ程損をさせられている方の多い事か。

『あなたが、あの時の友彦君なの?』

堤友彦君のコンサートが、教育機関をはじめ、いろいろなグループから開かれ始めた頃の話です。

福山市駅家町のある公民館で、司会者が堤友彦君の経歴を紹介し始めた途端、会場にいた品の良い老婦人が突然壇上に駆け上がり、友彦君に抱きついて叫んだのです。

そして司会をさておいて、それから彼女が話し始めた話によると、

約20余年前、友彦君が救急車で運び込まれた時、彼女が寺岡記念病院の脳外科婦長をしており、その時の状況は、まさに絶望的であった事。

緊急大手術で、一命は取り留めたものの、意識回復やその後の成長はとても想像できる状況ではなかった事。

一応退院していく時、見送りながら、その後の堤家族の悲惨な人生を考えて、胸が痛んだ事。

等々、飛び入りで夢中で話されたのです。

会場内は感動の渦に包まれ、その後の演奏が爆発的に盛り上がった事はいうまでもありません。

堤友彦君の生きる姿そのものが、我々にとっても限りない勇気と希望を与えてくれるのかも。

プロ野球も交流試合真っ盛り。昨日の試合では、私にとって贔屓の球団・広島カープが、これまた贔屓のピッチャー日本ハムのルーキー・八木君に苦もなくひねられて完封負け。この贔屓というものは理屈を越えたどうしようのないものがありますが、さすがに成績のふるわない贔屓球団・広島カープへの応援が湿りがちになります。

最近、店舗の販売実績が伸び悩み気味で、精神的に少し落ち込んでいたら、お買い上げのお客様から、立て続けに、 『あなたのお薦めで選んで良かった。』 『前に買った羽毛ふとんが、それまでのより随分良くて、しかも安かったので、今度は羽毛肌ふとんを下さい。』 と、お声を掛けて頂くと、途端に気持ちが明るく元気が出てきました。

自分でも“げんきん”なものだと思う程、人間の心は不思議ですね。昨年のロッテのように、応援次第で選手の気持ちも随分違ってくるのだろうな。と、つくづく。

『弱いから好き。』とは、なかなかいかないけど、『カープがんばれ!』

皆様からも、私のサイトへ、何でもお気軽にお声をお寄せ下さい。もっともっと元気になれるかも。

明るく毎日を送る堤友彦君。オフィシャルページへ

一歳の時の転落事故で、頭蓋骨が割れ左脳が流出・損傷し、私の店のすぐ近くにある寺岡記念病院での緊急脳外科手術で何とか命は取り留めたものの、成長しても

『見えない。』『歩けない』『しゃべれない。』
と、宣告された、堤友彦君。

お母さんである堤恵子さんの、言葉に言い表せない苦悩の中、必死の看護と介護によって、奇跡的な回復ぶりで、動く左手一本でのキーボード演奏と、朗々たる声量の熱唱が話題を呼び、すっかり有名となった現在では、全国を飛び回る日々を送られています。

数年前、我が家に近所の人が集まっての会合の折り、古くからの知り合いのヨシミで、ミニ演奏会を気持ち良く開いてくれましたが、今回たまたま恵子さんが、我が家で開く会合に参加する事になり、それなら友彦君の歌を二?三曲みんなに聴かせて。と頼むと、気持ち良く友彦君と一緒に来てくれました。

ずっと以前の最初の頃は、ただただ大きな声で熱唱するだけのように感じていましたが、いまでは歌唱力もあり、キーボード演奏もその場の雰囲気に合わせて、キーを変えたり、巧みなアレンジをしたりと、ドンドン成長し続ける友彦君の姿に、すっかり感動してしまいました。

友彦君に負けてはいられないと、暫し反省!

プロパーとは、『正規の』、『本来の』とか、『生え抜きの』とかの意味で使用されます。寝具メーカーにおいても、全国百貨店協会に加盟する(??皆さんが百貨店と思っていても、全国百貨店共通商品券が利用出来ない勘違い百貨店も少なくないのです。??)、百貨店の寝具売り場のテーマアイテムや、優良寝具専門店のメインアイテム用として、展開される寝具として、サンダーソンや、セリーヌ、エトロ、ヌベリやアイムプロダクト(三宅一生デザイン寝具)、エゼ、レムズなどが有り、これらのブランド品は高品質・プロパー価格品として、流通経費をぎりぎり押さえ込み、中身的には高品質のものを低価格に抑えると共に、値引き販売できにくくしています。

これに対して、寝具業界の後進性を良く表すものとして、主に訪問販売業者用の二重価格設定品が少なくありません。つまり、本来のあるべきプロパー価格の1.5倍?2倍のメーカー希望小売価格設定品です。(ネット検索ではあるべき価格の20?30倍価格品も多く見られ、驚いてしまいます。)このプロパー価格品と二重価格品とを、商品選びにおいて同列で比較していたら、値引き価格で買ったはずが、実は損して買っている実例が山程。

特に中身の本当が判りづらい羽毛ふとんについてこの見極めは、消費者にとってとてもたやすい事ではありませんが、一つの目安として、通常品質羽毛ふとんから、超高級品質羽毛ふとんまでブランド展開している、人気の無地寝具・レムズシリーズを品質vs価格比較のスケールとして利用していただくことが、間違った羽毛ふとん選びを防ぐ有効な方法ではないかと思います。

あなたが購入しようかと思っている、その羽毛ふとんのお買い得度をこちらから、是非一度比較してみて下さい。
http://www.anmin-ne.com/shop/downquiltegggoose.html

隣がガソリンスタンドだけど、1キロ離れたセルフ給油にいつも行っています。
表示はリッターあたりレギュラー税抜き120円(つまり税込みは126円)。カード会員はリッターあたり2円値引きで、税込み124円という事になります。

これって高いのか安いのか判りませんが、セルフ給油って一度やったら不思議にはまってしまいますよね。

しかも以前書き込みしたように、気温の高い日中より気温の下がった深夜に行く事にしています。

驚いた事に、深夜10時過ぎのこの時間に順番待ちの列でごった返し。

『なんだこりゃ、そうか?世間では連休中だったのだ。』

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。