くたばれ!悪徳商法の最近のブログ記事

私のお店の地元・広島では、気象庁からの発表は未だですが、やっと
梅雨の様相を呈し、うっとうしい雨が降り続いています。

植木への水やりからしばらくは解放されそう・・・。


■ 安眠プラザ・公式サイトは http://www.anmin-ne.com
-----------------------------------------------------------------------

■西川リビング(株)全国販売店総会開催■

四月の山甚ジンペット全国チェーン店総会に引き続き、やはり年一度
の、西川リビング全国販売店総会に参加してきました。

今年、大きな話題となったのが、悪徳訪問販売業者や、催眠商法によ
るお年寄りの高額布団押しつけ販売被害防止策として、クレジット業
者への政府の締め付けが厳しくなり、該当する業者の売り上げが激減
しているとのことでした。

この事自体はいい傾向ですが、収入が年金のみという方のクレジット
購入が難しくなっているとの事。何でもそうですが、一つの規制が直
ちに行き過ぎに繋がってしまう。難しい問題ですね。

■ネオアイダーなる偽羽毛布団の氾濫■

厳寒の北極圏に生息し、例えようもない抜群の暖かい羽毛を持つアイダー
鳥は保護鳥に指定されています。

アイスランドにおいては、メス鳥が巣作りに使用した羽毛を巣から取っ
てきて、精製し羽毛中綿原料に使用するため、アイダー羽毛布団の価格
は、今やシングル一枚百万円を下りません。

かつては、ワシントン条約の規制を受けないシベリアの草原で、捕獲し、
人工飼育したアイダー鳥から手摘み採取した羽毛を、アイスランドアイ
ダー羽毛と区別するため、ネオ・アイダー羽毛布団と名付けて、山甚が
比較的にお買い求め安い価格で販売し、どんなグース羽毛布団より比較
にならない暖かさと柔らかさで、大好評でしたが、数年以上前、飼育に
失敗し、いまアイダー鳥の羽毛は、アイスランドアイダー羽毛しか無く
なっています。

従って、山甚のネオ・アイダー羽毛布団は姿を消し、当店でも見本的に
と思って確保していた数量まで売り尽くし、いまおそらく全国でも、こ
のネオ・アイダー羽毛布団は皆無の筈。

ところが、いまアイダー羽毛とは似ても似つかぬ『ネオアイダー』なる
偽羽毛布団が大流行をしていると言うのです。

しかも、それが大型のマザーグースから、十分な成熟させた絡み合いの
あるダウンを手摘み採取したモノならともかく、安物ダウンを特殊な機
械を通して、ダウンボールの外辺を全て枝毛状態にし、ダウン同士が絡
み合うように加工した品を『ネオアイダー羽毛布団』と称して、高額に
販売しているというのです。

勿論、優良メーカーは取り扱うはずが無く、このブログをお読みのあな
たが、被害に遭うわけはないのですが、周囲の無智の人に注意を呼びか
けましょう。

それにしても、技術国日本、何でも出来るのか知りませんが、技術の発
揮の仕方を間違えているのでは・・・・。

■羽毛布団の価格のヒミツが一目で判る一万円から百万円比較
最新改訂版は、
http://www.anmin-ne.com/knowlledge/downpage1.html

■アイスランドアイダー羽毛布団に迫る感動の、最上級グース羽毛布団
http://www.anmin-ne.com/shop/comforter/goosedownroyalmajesty.html

■私がが選びに選んだお買得羽毛布団
http://www.anmin-ne.com/shop/comforter/

■西川の倉庫からゲットしてきたお買得寝具が入荷し始めました。
http://www.anmin-ne.com/gear/item_new.cgi

ひと昔前のセラミックに始まり、トルマリン、ゲルマニュウムに至るまで、健康寝具が偽物か本物かを見分けるコツが実はあるのです。

たとえば、同じトルマリン寝具が、かたや20万円、一方は5万円。又は業者によっては30万円。

金額が高い方が効果がありそうな・・・。

実は、最高金額のものが安いタイプと同程度の品質である事がしばしば。
何で見分ければいいのか、実は販売している人も区別が付かない人が多いのです。

あなただけに、その見分けるコツの一端を・・・。

セラミックにしても、トルマリンにしても、ゲルマニュウムにしても、本来寝具の主たる組成の繊維からすると、全く異質のもの。寝具の中にどのように入っているかが鍵を握ります。

寝具の中綿に粉末をパラパラと振り掛けただけでも立派なトルマリン寝具で偽寝具とは云えませんが、あまり効果を期待する事はできません。

それに対して、中綿の繊維一本一本に、豆餅のようにミクロ単位の微粉末がしっかり練り込んであったら、埃のように落ちていくことなく長期間しっかり効果を発揮してくれます。

この豆餅状態は、実はレーヨンにしかできない事が判っています。つまり、中綿組成の中に、レーヨン表示があるかないか。これが本物を見分けるコツの一端なのです。多くのものが、中綿組成:ポリエステル100%。意外と高額品に多いのです。

また、山甚はさらに一枚の寝具にトルマリンの含有量を表示して、最高度のトルマリン効果を保証しています。こんなメーカーは他にはありません。

私が、現時点でトルマリン関連寝具は山甚に限ると熱く語るのはその為です。

お金も大切、健康も大切。お金さえ出せばではなく、よりよい価値ある寝具をあなたがゲットされて、グッスリ安眠の明るい健やかライフを送られる事を、心よりお祈りしています。


『買った羽毛布団が高かったので、もったいないからリフォームして。」
と、持ってこられた羽毛の中綿を開いてみました。

開けてびっくり。色付き羽毛はともかく、ダックと思しきダウンに”ファイバー”と呼ばれる羽毛のゴミがあまりに多いのに驚きます。

優良メーカーではありえませんし、一万円もしないのではと思いますが、なんとお買いになられた金額が18万円。サイトには品質へのこだわりをうたっている、全国的な販売網を展開する、某羽毛布団販売会社のものです。

2か月前にも、近所の布団屋さんで買ったと持ち込まれた羽毛布団がそっくりのもので、こちらは8万円で買ったとのこと。

明確な羽毛評価スケールで、しっかり選択されるよう、説明努力を続けるのが、バカらしくなり空しくなる一瞬です。

でも、お客様から喜びのお声をいただく度、勇気が湧いて・・・、頑張らなきゃ!

「品番を言うから、調べてほしい。」

と、いきなりお客様から問い合わせのお電話。

言われた品番を調べてみると、西川がホームセンターの***の特注品として納品したものとわかりました。

そのお客様は激怒、
『こんなことがあっていいのですか!』
買った相手に言えばいいのに、僕に言われてもどうしようもありません。

口ぶりではネットオークションでいいものが安く買えたと喜んだものの、不安になって調べて欲しかったとのこと。

実名を明かしたり、実店舗を明らかにして出品しているならともかく、バンドル名だけだと

・買って使ってみたけど気に入らないから、新品としてオークションに出品
・お店で一度買ってもらったふとんが返品となり、ネットオークションに出品

等々、単に大量在庫を処分する目的のオークション出品ならよいのですが、上の例が少なからずありそう・・・。

寝具類のオークション購入は覚悟がいるかも・・・。

これを機に、私はふとんの出品を止めることにしました。

「親戚の西川チェーン店で買った高級羽毛布団だから、大事に扱ってくれ!」
と、あるお客様が羽毛布団の丸洗いを依頼されました。

なぜ、親戚の布団屋さんに出されないのか疑問ではありましたが、仕事ですからお受けしてよく見ると、

ーー羽毛布団の表示ラベルに西川のメーカー名でなく、三流メーカーの名前があります。ーー

「親戚のあの店は、西川チェーン店でいいふとんしか売っていないから高かったんじゃ!」
と、持ち込まれたお客様は得意げ。

密かに(この程度の羽毛布団で自慢できないけどなー・・・。)と、思っても雰囲気的に本当のことが言える状況じゃありません。
(でも、話しぶりから結構高い金額を払わされているようです。

ふとん丸洗いは、がわ生地を取り替えるわけではなく、きれいに洗った羽毛布団をそのまま納品するわけだから、納品時のトラブルが生じることがなく、黙っておっしゃることを聞いていました。

実をいうと、これと同じ実例が非常に多いのです。

毎日、西川リビング株式会社のお客様相談センターへ殺到する苦情の電話から、ラベルを確認していただくと西川羽毛布団ではなかった。ということがとても多く、私の店の近くでも、西川羽毛布団と称して売っている羽毛布団がやはり三流製品だったと苦情が殺到し、西川が裁判を起こし、西川チェーン店を名乗ることを止めさせた事件が過去にありました。

その店は、今なおやり方を変えることなくドンドン商売をやっています。

昔流行った歌に、『骨まで愛して』というのがあり

『生きてる限りはどこまでも、だまし続けてほしかった♪。』

これもある種の消費者ニーズなのか?と、暗い気持ちになり一瞬。

でも、我が信じる道を元気よく、前へ、前へ・・・。

ふとんの品質表示ラベルの、一部寝具メーカーによる不正取り替えについて、私には素朴な疑問がありました。

例えば、原綿供給会社インビスタ社からの【7穴クォロフィル】と【4穴ホロフィル】を、寝具メーカーが仕入れるに当たって、当然原綿量と製品ラベル枚数が矛盾しないように送られてくるはずです。

「安い中綿の製品に、上級品のラベルを付けてしまったら、上級品に付けるラベルが無くなるんじゃないの?」
と、創業150年になる優良寝具トップメーカーの商品担当者に聞いてみました。

「簡単ですよ。【7穴クォロフィル】の枕を生産すると言って、大量のラベルを取り寄せれば、余りラベルはいくらでも出来ますから。」

「・・・。」
「抜け道を考えれば、いくらでも有るモノなのですよ。」
手を染めるか染めないかは、【信用】の歴史を積み重ねるか、今しか見ないかの差だけという彼。

『天網恢々、疎にして洩らさず。』
という、いにしえの格言を信じる私は【化石】?

安物羽毛より暖かく、アレルギーの心配も少ないと大人気のインビスタ社【7穴クォロフィル】寝具。【7穴クォロフィル】の電子顕微鏡写真ラベルを確認しながら購入される方も多い事でしょうね。

でも、販売の最前線で以前、現実にあった話。(今なお、多いかも)

ある大型量販店の寝具売り場で女性パートの方が、寝具メーカーの営業担当者に、
「今回のチラシ掲載【クォロフィル掛ふとん】は随分安いけど、【7穴クォロフィルふとん】が安く買えるようになったのね。」
寝具メーカーの担当営業者
「いぃ?え、実は店長から言われたので、私が工場長に言って安い【4穴ホロフィル掛ふとん】に【7穴クォロフィル】のラベルを付けさせたのですよ。」
と、鼻高々。
女性パートの方が、
「あなたの会社の製品だけは、私は二度と絶対売らないわ。」
と、真っ赤になって怒鳴りつけたというのです。

その日の内に、当の寝具メーカー営業担当者が、別の大型寝具専門店に行って、そこの私の大先輩社長に、事の顛末を話し、
「折角の私の善意が通じなくて、腹が立ちました。」
私の大先輩社長
「おまえと、工場長のモラルの方が余程おかしいのと違うか?」

この一連の話を大先輩社長から聴きながら、そういう寝具メーカーの製品を取り扱っている当の大先輩社長の感覚も少し疑いました。

この寝具メーカーは地方メーカーながら、小回りがきき、融通を利かせてくれる便利なメーカーとの評判で、全国的に非常に売上を伸ばしています。ただ、何か胡散臭くて私は絶対に取り扱わない事にしています。

このインビスタ社の【7穴クォロフィル】と【4穴ホロフィル】とは、電子顕微鏡で検査しないと、判らないレベルのモノですから、判る筈がないという感覚。(勿論、プロが触ってみればおかしいとは感じますが)

分かりさえしなければ、何をしてもいいという感覚のメーカーと、百数十年以上の歴史を大切に、何よりも大事な【信用】を守り続けるメーカー。

あなたはしっかり選んで下さいね。

ただの軽四車と知ったらあなたは?
現実にはあり得ない話です。それは車の市場価格が一般に知れ渡っているから。

しかし、羽毛布団販売の世界では、実際にとても多い事例です。
せいぜい1.5?2万円程度のダック(アヒル)ダウン羽毛布団に十数万円。

どうしてそんな値段で買う気になったのか、買った方に聞いてみると、

『安い羽毛布団は、羽毛の部屋の間仕切りが上から縫い押さえただけなので、かさが出なくて暖かくないけど、この布団は立体キルトといって、間仕切りが縦桟を入れた高級な縫い方なので、暖かいよ。』と、言われたそうです。

車のディーラーをやっている友人の言によれば、『ここ十年の車の性能向上は目を見張るモノがある。』との事ですが、羽毛布団についても、ここ十年の品質向上と価格の普及化は隔世の感があります。

■今や立体キルトの羽毛布団は、普及タイプ羽毛布団でも当たり前なのです。■

羽毛布団は、羽毛の吹き出しを防ぐ為に特別な側〈がわ〉生地を使ったり、特別な処理をしたり
しなければなりませんが、最近のキルト技術や側生地の品質向上には目を見張るモノがあります。

十年前の感覚で、販売員の言われるままに羽毛布団を買っていたら、とんでもない事に。

気を付けて下さいね。

『寒い冬がだいっ嫌いの私が、あの羽毛布団一枚でこの冬を過ごしているんです。』
と、昨年9月にネットで羽毛布団をご購入のK様が、こんどはお母様を誘って、実店舗を訪ねてこられました。

お母様も、
『娘があまりに感動的に言うものだから、私のが欲しくなりました。』
といいながら、お嬢さんが私のサイトで身に付けた羽毛布団のウンチクに耳を傾けておられます。

お母様がおっしゃるには、おばあさんが催眠商法会場で手を挙げて高額な金額で買ってこられた羽毛布団が余り良くなく、羽毛布団を毛嫌いしていたとの事です。

『あつものに懲りてなますを吹く。』
『悪貨が良貨を駆逐する。(悪品が良品を駆逐する。)』

いろんな言葉が浮かんできますが、残念な事ですね。

『卵』と『玉子』、『羽根布団』と『羽毛布団』の違い。

その道のプロであれば、あまりに当たり前の事過ぎるのでしょうか。
『羽根布団』と『羽毛布団』とは、あまりに明らかな違いがあります。

ダウンジャケットや羽根布団、羽毛布団に用いられる中綿は、全て水鳥100%の羽根か羽毛です。この水鳥から採取される羽根と羽毛を大別すると、
羽根(フェザー)
小羽根(スモールフェザー)
羽毛(ダウン)
の三種類に分類され、ダウンジャケットや寝具に用いられるのは、スモールフェザーとダウンの混合したものです。

この混合比率が、スモールフェザーが50%以上になると羽根布団。ダウンが50%以上のものを羽毛布団と称します。(ちなみに羽根枕は一般的にスモールフェザー100%です。)

一流メーカーでも、スモールフェザー比率の高いものを、保温を必要としない肌布団や夏布団には用いることがあります。が、現在世界的に問題となっている、鳥インフルエンザ騒動のように、もともと鳥の羽根は不衛生なもの。

この不衛生な羽根や羽毛の、除塵・洗浄・殺菌・防臭・抗菌処理を何処までするかにメーカーの在り方が問われます。したがって、この処理コストを吸収できないほどの安価な羽根布団を製造することは、優良トップメーカーでは、全くありません。。(逆に言えば、カタログ販売や紙上ショップの羽根布団10点セットが一万円商品は、どの様な中綿処理が施されているのでしょう。)

しかし、私がお客様から
『中綿は柔らかいのだけど、かさがない上、重くて暖かくない。』
と、相談され、布団を開いてビックリ。

かつて、噂には聞いていた『フェザーをすりつぶして綿状態にした羽毛布団と称する布団』のホコリ綿が出てきたのには、超ビックリ。

ラベルは東証上場の有名販売会社もので、お客様のおっしゃるには20万円で購入したとの事。

『棄てて!』と、叫んでそのまま帰って行かれました。
この国の商道徳は後進国以下?

『羽根布団』と『羽毛布団』との違いを説明すれば、いくらでも出来るけど、『卵』と『玉子』の違いは何なんでしょう。

孵化可能な生のものが『卵』で、ゆでたものが『玉子』なのかな??

かつてニフティフォーラムで、バンドル名を『星の玉子』と名乗っていた『タマおじさん』には真偽の程が気になります。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちくたばれ!悪徳商法カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはペット大好き!です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。