羽毛ふとんの丸洗いや羽毛布団クリーニングについて

羽毛ふとんの丸洗いやクリーニングについて、がわ生地に関しては、
ポリエステル100%がわ生地羽毛布団のみが、OKとなります。

超長綿100%がわ生地に関しては、できる事なら避けた方が安心です。
ましてや、シルクに代わる高級素材、テンセル、リヨセルなどは、水洗いは
お避け下さい。

私も以前、テンセルが出始めに、テンセル100%のスラックスをうっかり、
洗濯機でオシャレ着洗いをして、パーにしてしまったことがあります。

そして、中綿羽毛に関しては、上級なものほど、水洗いやクリーニングは
厳禁となります。

つまり上級の羽毛布団ほど、丸洗い、クリーニングは避けた方が羽毛布団を
いつまでも、快適にご使用いただけます。

ウォッシャブル仕様の羽毛ふとんは、数多く存在しますが、がわ生地は合繊、
中羽毛は値打ちを考えなくていいもの。が、ほとんどと思ってください。

「じゃあペットのお漏らしなどで、汚してしまった場合はどうすればいいの?」
のご質問をしばしばお受けしますが、唯一、安心して丸洗いを依頼できるのが、
西川や、帝人などが、共同出資している、「フレスコ社」の丸洗いです。

フレスコ社では、羽毛布団の特性を考慮し、洗浄に使用する洗剤や、乾燥に
至るまで、羽毛布団の特性を損なわないように、処理してくれています。

間違っても、上質羽毛布団を、コインランドリーで洗ったりしないことです。

ここで、大事なのは、「洗剤」と「乾燥」です。羽毛の特性を損なわない、
特殊洗剤を使用し、本来水分を取りにくい羽毛を、完全乾燥しないと、後で
ニオイなどとんでもないことになってしまいます。

長くなってしまいましたが、結論を言えば、上級羽毛布団ほど、丸洗いを
しないことをお勧めします。

だから繰り返し、お客様に私が羽毛布団のメンテナンスとして、

カバー使用が必須。月一程度は掛け替える。(羽毛布団に汚れが移りません。)
天日干しは、年一程度で、一時間以内。
布団叩きは厳禁。
重いものの下敷きは厳禁。
真空パックは絶対厳禁。

など、しっかり守っていれば、いつまでも新品状態が守られ、長持ちさせる
事ができます。

ペットのお漏らしなどは、浸透しないうちに、掛けていたカバーを外し、
熱いお湯を固く絞ったタオルで、その部分をしっかりふき取り、ドライヤー
などでよく乾燥し、ファブリーズなどで、消臭すれば問題なかったと、
お客様からの情報もあります。

以上ご参考頂ければ幸いです。

ロイヤルスター羽毛布団?の購入

お世話になります。 以前、ロイヤルスター羽毛布団を貴店から購入しました。とても満足しております。 来シーズンまでに追加購入を考えております。
お買得情報を教えて下さい。
お世話になります。 以前、ロイヤルスター羽毛布団を貴店から購入しました。とても満足しております。 来シーズンまでに追加購入を考えております。
お買得情報を教えて下さい。

北海道の冬に備えるには、上質な羽毛布団は欠かせませんね。

ふとんのコダマさんからの購入は4回目となります。 今回も山甚物産の羽毛布団を買います。北海道の冬に備えるには、上質な羽毛布団は欠かせませんね。 どうぞよろしくお願いします。
いつもお引立て有難うございます。20歳の頃、2週間旅した北海道のお客様のお声には、ひときわ感動を覚えます。これからもよろしくお願いします。

羽毛布団の値打ちについてのご質問

ご質問ありがとうございます。

羽毛布団の値打ちは、
羽毛のグレードだけでなく、
・がわ生地の品質
・羽毛の洗浄などの仕上げ状態
・立体キルトは当たり前、体にフィットするための、キルト方式と最適ななか綿使用量
・全体的な、仕立て仕上げの良さ->メーカーレベル

ですが、お奨めのの羽毛ふとんは、このすべてを最高度に満たしています。

ご安心ください。ご検討を宜しくお願い致します。

ダックとグースのダウンの違いについてのご質問にお答えいたします。

羽毛布団のなか綿で、ダックとグースのダウンの違いについてのご質問が
ありましたので、お答えいたします。

ダウンの先端の形状についてのお話でしたが、先端の枝毛が整っていない
のは、ダックとグースの違いに限らず、成熟度の違いによるものです。

どこかのサイトでのお話は、かなり粗悪なダックのお話の様です。

というのは、羽毛はダックもグースも一般的に、春に卵から孵化して
ひよこになり、夏までにほぼ成鳥に育つのですが、その期間が長いほど
鳥が身に着ける羽毛が成熟して、ダウンの密度が高くなっていきます。

しかし、特に中国などの水鳥(ダック=あひる)飼育業者は、早く金に
代えたいという思惑と、食肉としての若い=幼いチキンダックを求める
業者の思惑があって、鳥が完全な成鳥となる前に、食肉にしてしまい、
廃棄(?)羽毛が、ダウンとして大量に産出し、形ばかりの精製でダウン
として流通するものが、少なからず有るため、ダウン形状が整っていない
上、ニオイも消えないダックダウンが存在することになります。

このことは、私からすると論外な話で、そのレベルの羽毛を扱う業者から
は、距離を置いています。

わたしが時に羽毛布団は、メーカーが第一と言っている点がそこにあります。

基本的にダックとグースの違いは、その体の大きさの差でしたが、最近では、
フランスを中心に、従来はグース(ガチョウ)からだけだったフォアグラ
の生産を、飼育方法の改良から、ダックからも採れるようになってきています。

したがって、フォアグラが採れるほどのダックのダウンは、大きく成熟して
グース顔負けのダウンパワーを示すものが現れるようになっています。

しかし、ダックとグースは、基本的に遺伝子の差で、ダウンの形状・大きさ
だけでなく、ダウンそのもののケラチンなどの組織的な違いで、耐久性には
越えがたい差があると思われます。

羽毛ふとんのへたりなどの劣化は、羽毛の枝毛の形状が原因ではなく、使用し
ているうちに、徐々にダウンが壊れていくからです。だからこそ、羽毛布団の
メンテナンスで、

・天日干しは最小限に
・布団叩きは絶対厳禁
・カバーは頻繁に架け替える
・真空パック厳禁
・クリーニングも最小限に
・重いもので押しつぶさない事!
を、繰り返し申し上げているのです。

したがって、羽毛布団の耐久性は、ダウンの壊れにくさでもあり、それも今か
ら10年後20年後に、明確になるもので、現時点では、ダウンパワーが、単純に
暖かさ指数と見られています。

しかし、この業界において、このダウンパワーですら、偽ラベル表示が横行
してる現状では、私は三社合併した西川や山甚の羽毛ふとんしか、怖くてお奨
めできないでいます。

今回お尋ねのカ所ですが、「ダックダウンと違って」という記述は、一般のダックダウンと違ってという意味です。

スケールはダックダウン93%のダウンパワー390を指していますが、これは単な
る指標として全体比較として表わしたもので、今までダックダウンでダウンパワー400以上を示す必要がなかったからです。従来の常識を超えるダウンパワーということです。

私個人の本心は、ダウンの壊れにくさの点から、単純なダウンパワー比較では
なく、ダックかグースか、さらにマザーグースかを優先的に選別すべきと思っ
ています。

羽毛布団と布団カバーとても良い品に出会えて大成功

昨日注文した西川リビングの羽毛布団布団カバーが届き.早速使い始めました。布 団はとても暖かで、ここ沖縄でも心地よい温度を保ち汗ばむこともありませんでし た。そして、カバーは天竺(ニット)織りの素材で、これまで使った事のない肌触り です。ネットでの買物で少し不安はありましたが、とても良い品に出会えて大成功で す。
お声をお寄せくださり、ありがとうございます。