無駄な努力に運が付く

人気お笑い・ノンスタイルの石田君のSNSで話題になった言葉です。

どんなに努力を重ねても、売れなかった時期、大先輩から言われたのだそうです。

「無駄に思えるような努力に運が付く」

凄い励ましの言葉ですね。

自彊不息

じきょうやまず

たゆまぬ克己心

今は廃校となってしまった、私の母校 自彊小学校の校歌のメインテーマです。

♪心を磨き 身を練りて

眼を四方に放つべく

自彊止まざる人となれ♪

この校歌を歌った時、新任の若い教師がこの小学校は山猿になれと歌っている。

と、笑ったことを今でも思い出します。

なにか深い意味を感じながらも、成人して忘れかけていた時、私の人生の師匠から

中国の宇宙工学をリードする、上海交通大学の学長室に掲げられた校是の額が、

自彊不息 であると紹介され、古書の易経の一節でその内容を教えてもらいました。

今や高度成長著しい中国発展の一面に触れた思いです。

私の人生を貫く座右の銘となった一節です。

井の中の蛙

大海を知らず

されど天の深きを知るなり

少年の頃、私には夢がありました。

世界の国々を訪れて、そこに暮らす人々と生活を体験してみたい。

現実には、僅かな燐国で数日を過ごしただけに過ぎないけど。

どこかに満たされない思いを秘めていたとき、この下の句を知って心が定まりました。

今いる場所で、天の深きを求め続けると。