羽毛布団&羽毛肌布団のウォッシャブル仕様は損?得?

新型コロナウイルスによる自粛要請も解除され、季節も暖かくなってきました。

これから汗ばむ季節が近づくと、お布団の丸洗いやご家庭での洗濯をしたくなってきますよね。

羽毛布団や、羽毛肌布団もウォッシャブルがお得と、お選びになる方も多いでしょうね。

羽毛本来の暖かさと着心地の気持ち良さと、ウォッシャブルは相反する性能になります。というのは、羽毛は一旦水に濡れると、乾燥に時間が掛かり、湿気が少しでも残った状態では、臭いは出てくることが有り、羽毛の水洗いには注意が必要なのです。

そこで、水洗いし易い羽毛にすると、

  1. )がわ生地は乾燥の早いポリエステル100%生地を使用。
  2. )詰め物羽毛は、グレードを落として、主にダックダウン50%~70%を使用。
  3. )詰め物羽毛の量も0.25kg~0.3kg程度。

これはまさにダウンケットと呼ばれるアイテムです。

この点から考えても、通常の羽毛布団で、ウォッシャブル仕様では、中綿羽毛のグレードに期待はできないわけです。

ダウンケットを選ぶならともかく、羽毛布団にウォッシャブル仕様を求めるより、カバーを必須で使用して、できるだけ頻繫にカバーを洗い替えることで、カバーに付いた汚れが、羽毛布団がわ生地に移らないで、いつまでも新品のような羽毛布団を維持することができます。

私が木綿布団におさらばした日

今なお「木綿布団が一番!」とおっしゃるお客様に出会います。

勿論、まっさらの木綿布団の気持ち良さは否定しませんし、元々、当店は労働大臣認定「寝具一級技能士の店」一号店として、上質木綿布団の気持ち良さを追求し、お客様から評価もいただいていました。

ところが、ウン十年前の汗ばむ長雨の夜、「布団がベトベトして気持ち悪いなぁ。」と、たまらず翌日、ビラベックウール敷布団に代えたところ、それまでのジトジトベトベトの布団が噓のように、「サラッと気持ちいい(^^♪」のです。

それからはもう後には戻れません。当時リュウマチを発症していた家族も症状が軽くなり、お店でも、積極的に羽毛布団とウール100%敷布団を積極的におススメするようになったのです。

一流と二流の違いとは?羽毛布団の場合

車を運転しながら、ふと考えた。(「草枕」のパクリみたい)

トップアスリートもさることながら、寝具にとって一流と二流の最も大きな違いは何だろう?

がわ生地しか見えないふとんの場合、見えない部分にどれだけウェートを置いているか?

ごまかそうと思えば、いくらでもごまかせる布団の中身。特に価格に差が出る羽毛布団の場合は、その差は消費者に大きくのしかかってきます。

一流は、基本を重視し、原点である「羽毛の洗浄・衛生処理」をおろそかにしません。洗浄を繰り返すと二割目減りするといわれる羽毛原料。

ここが、羽毛布団の清潔度と耐久性を大きく左右する重要な部分ですが、目には見えない部分でもあります。

さらに、検査数値に対する対応の差。

例えばダウン率はJISなどの規格は、マイナス5%も合格と定めています。

これを逆手に取ると、ダウン率90%表示の羽毛布団を

ダウン 率 85%で平気で生産する業者が現れても、致し方ないことなのでしょうね。

それを良しとする業者と、そうでない業者の区別はつきにくいと思いますが、私が優良トップメーカーの羽毛布団の中から、さらにコストパフォーマンスが高い品を厳選しておススメする訳が、販売規模は大きくなくても、人間として「一流」を目指して生きたいと願うからです。

コストパフォーマンスに優れた「羽毛布団群」

西川からジュニアサイズ布団が消える?

すでに、「ハローキティ」「きかんしゃトーマス」「あんぱんまん」「スヌーピー」「ミッフィー」などが、ジュニアサイズカバーの生産を終え、大人サイズのみとなっていましたが、今また「くまのがっこう」のジュニアサイズ布団カバーの生産を終了してしまいました。

絵本から飛び出したような 可愛らしさで、大人気でしたが、後は在庫のみです。

ご予定のある方は、こちらからお早めに

https://www.anmin-ne.com/store/html/products/list?category_id=13

羽毛布団の正しいメンテナンスで生涯出費が更に激安。

日常のメンテナンスを気を付ければ、本来一生ものの羽毛布団ですので、以下にお取り扱いの注意を列挙いたします。

1)カバーをかけて使用(必須)。上質生地綿100%が望ましい。
2)カバーを頻繁に取り換える。できれば、一か月に一度程度
3)天日干しは年1回程度。夏の収納前に、30分から1時間以内(過度な天日干しが厳禁)
4)布団叩きは厳禁
5)重いものの下敷きにしないこと。
6)真空圧縮は絶対厳禁。
7)羽毛布団の上に寝転がらないこと。

以上のことに日常留意して使用すると、上質羽毛ふとんは、10年20年経っても新品状態が保てます。

本物の羽毛ふとんは大切に扱えば、むしろ長期的な生涯出費が安くなります。

羽毛布団の賢い収納法とメンテナンス

羽毛布団が一年で最もお得になる購入月は?

 お客様からよくあるご質問です。

ただ、スペックが良くて安いふとんには要注意。
お布団は、あらゆる業者があらゆるメディアで、あらゆる売り方をしていて、コスパの見極めがとても難しい商品です。

量販店や通販専門業者は、価格優先で、いくらでもコストを下げながら(豆腐の水増し?)、いかにも”お得感”を演出していますが、その見極めは一般の方には困難です。

それとは真逆に、優良専門店から予め仕入予約契約し、月々生産を行い、予定通り納入が続けば問題ないのですが、納入最終期限に引き取り不能販売店が時折出ます。

その殆どが、上級品として特別仕様で仕立てられた品ばかり。仕上がった製品のコストを後から削るわけにはいきません。

それが、メーカーの決算期7月末なのです。一方2月決算もあるのですが、二月であれば受入先の確保はさほど難しくないのでしょうが、7月の予定外の納入先確保は困難で、営業担当者が価格交渉や受け入れ先確保に苦しむことになり、なかには本来の価格無視で販売店に出荷する場合が出てきます。

単純に夏だからという理由での7月最安説ではないのです。

 ▼ 「限定特価残り僅か」コーナー必見です。

https://www.anmin-ne.com/store/html/products/list?category_id=13

一年で最も暑い盛夏に羽毛布団?

日本の国は、古来最も暑いこの季節に冬ふとんの支度を始める習わしがありました。

NHKの朝の連続テレビ小説『なつぞら』の時代です。

田舎のおばあちゃんが、この季節に打ち替えた綿を広げて、ふとんを仕立てていたのを、見た事ある人は、もういないのかもしれませんね?

さて、それとは別に、今年初めに西川3社が合併し、経営統合いたしました。新社名は西川株式会社。

それに伴い、今まで、別々の営業活動をしていた三つの会社が、一つになるのはおそらくとても大変なことなのでしょうね。

思いもかけない上級品が、思いもかけない価格で、在庫調整されています。種類は多くありませんが、びっくり価格の上級西川マザーグース羽毛布団を、見逃さない手はありませんよ。

本物の羽毛ふとんは大切に扱えば、むしろ長期的な生涯出費が安くなります。羽毛布団の正しいメンテナンスで生涯出費が

日常のメンテナンスを気を付ければ、本来一生ものの羽毛布団ですので、以下にお取り扱いの注意を列挙いたします。

1)カバーをかけて使用(必須)。上質生地綿100%が望ましい。
2)カバーを頻繁に取り換える。できれば、一か月に一度程度
3)天日干しは年1回程度。夏の収納前に、30分から1時間以内(過度な天日干しが厳禁)
4)布団叩きは厳禁
5)重いものの下敷きにしないこと。
6)真空圧縮は絶対厳禁。
7)羽毛布団の上に寝転がらないこと。

以上のことに日常留意して使用すると、上質羽毛ふとんは、10年20年経っても新品状態が保てます。

本物の羽毛ふとんは大切に扱えば、むしろ長期的な生涯出費が安くなります。

まるで炬燵に入ったかのような温かさの羽毛布団

シルバーマザーグース羽毛布団西川リビング日本製
こちらのお店で羽毛布団を以前 購入しました。あの布団は身体を入れて20分後にはまるで炬燵に入ったかのような温かさでした。母親が既に回復しましたがインフルにやられ、布団を見ると古い綿布団なので私の布団をあげたところ、尿に行く回数が減りました。 私はその代わりネットで英国ダウン1.5キロ入りを買ったのですが、こちらで買った1.2キロの方が温かく全然違う。あれはダウンの中に数パーセントのグースが入っていた特殊な布団でした。 今回製品の価格が買いやすいので、シルバーですがマザーグースを購入します。

羽毛ふとんの丸洗いや羽毛布団クリーニングについて

羽毛ふとんの丸洗いやクリーニングについて、がわ生地に関しては、
ポリエステル100%がわ生地羽毛布団のみが、OKとなります。

超長綿100%がわ生地に関しては、できる事なら避けた方が安心です。
ましてや、シルクに代わる高級素材、テンセル、リヨセルなどは、水洗いは
お避け下さい。

私も以前、テンセルが出始めに、テンセル100%のスラックスをうっかり、
洗濯機でオシャレ着洗いをして、パーにしてしまったことがあります。

そして、中綿羽毛に関しては、上級なものほど、水洗いやクリーニングは
厳禁となります。

つまり上級の羽毛布団ほど、丸洗い、クリーニングは避けた方が羽毛布団を
いつまでも、快適にご使用いただけます。

ウォッシャブル仕様の羽毛ふとんは、数多く存在しますが、がわ生地は合繊、
中羽毛は値打ちを考えなくていいもの。が、ほとんどと思ってください。

「じゃあペットのお漏らしなどで、汚してしまった場合はどうすればいいの?」
のご質問をしばしばお受けしますが、唯一、安心して丸洗いを依頼できるのが、
西川や、帝人などが、共同出資している、「フレスコ社」の丸洗いです。

フレスコ社では、羽毛布団の特性を考慮し、洗浄に使用する洗剤や、乾燥に
至るまで、羽毛布団の特性を損なわないように、処理してくれています。

間違っても、上質羽毛布団を、コインランドリーで洗ったりしないことです。

ここで、大事なのは、「洗剤」と「乾燥」です。羽毛の特性を損なわない、
特殊洗剤を使用し、本来水分を取りにくい羽毛を、完全乾燥しないと、後で
ニオイなどとんでもないことになってしまいます。

長くなってしまいましたが、結論を言えば、上級羽毛布団ほど、丸洗いを
しないことをお勧めします。

だから繰り返し、お客様に私が羽毛布団のメンテナンスとして、

カバー使用が必須。月一程度は掛け替える。(羽毛布団に汚れが移りません。)
天日干しは、年一程度で、一時間以内。
布団叩きは厳禁。
重いものの下敷きは厳禁。
真空パックは絶対厳禁。

など、しっかり守っていれば、いつまでも新品状態が守られ、長持ちさせる
事ができます。

ペットのお漏らしなどは、浸透しないうちに、掛けていたカバーを外し、
熱いお湯を固く絞ったタオルで、その部分をしっかりふき取り、ドライヤー
などでよく乾燥し、ファブリーズなどで、消臭すれば問題なかったと、
お客様からの情報もあります。

以上ご参考頂ければ幸いです。