羽毛布団の手摘み表示が、いつの間にかなくなった訳は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

羽毛の手摘みという表現が、ガチョウなどの生きている水鳥達から、羽根をむしり取るイメージが、動物虐待だとの強硬な指摘が、動物愛護団体からあり、わが国でも、大手羽毛布団メーカーでは、羽毛布団に手摘み表示を最近ではしなくなっています。

このことに関連して、欧米で大人気の、世界三大珍味の一つ、『フォアグラ』の生産が、ガチョウに高カロリーの餌を、無理やり口から押し込んで食べさせ、その結果異常に肥大した肝臓を『フォアグラ』として、出荷している映像が、批判を強めた動物愛護団体からメディアに流され、欧州のガチョウ飼育牧場では、『フォアグラ』生産を自粛し始めています。

その結果、マザーグースなどの上級羽毛の生産が激減しています。

これからの羽毛布団選びは、ない筈のものを買わされる事の無いように、特に注意が必要です。

表示に信頼性があるメーカーを選ぶようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://anmin274.rsjp.net/mt/mt-tb.cgi/240

コメントする

このブログ記事について

このページは、smileが2012年7月31日 15:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スーパームーン2012年5月5日23時35分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。