お客の非を正さない事!

| コメント(0) | トラックバック(0)

製鉄所研究員だった私が、家業の商売を次いで、
思い知らされた気付き。

お客様の商品知識の片寄りや、勘違い。または不確かな
情報を、正してあげたつもりが、後では100%私が悪者に
なっていました。

誤った商品知識に固執していると、損をしているのは
お客様ご自身なんだけど。

この点について、あなたのご意見を聞きたいな・・・。

だから、お客様からご質問をいただくと、嬉しくなって
何でもお話してしまうのです。

発行責任者       :児玉和士
公式サイトはこちら   :http://www.anmin-ne.com/
ご感想メールアドレス  :info@anmin-ne.com

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://anmin274.rsjp.net/mt/mt-tb.cgi/238

コメントする

このブログ記事について

このページは、smileが2012年4月10日 12:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お布団100円クリーニング」です。

次のブログ記事は「スーパームーン2012年5月5日23時35分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。