私が甥に選んだ敷布団

| コメント(0) | トラックバック(2)

私には、26歳の甥がいます。

川崎市のある会社で、ロボットアームの組み立て部署を担当している独身貴族です。

数年前は、仕事が少なく何か資格でも取らないと、《将来がヤバイ。》と、言っていましたが、今やそんな事は忘れてしまったかの様に忙しそうで、毎日遅くまで残業があり、土日出勤も多い。と、こぼしています。

そんな彼が、『なにか、いい敷布団はない?』と、言ってくるので良く聞くと、就職時に新調した羊毛固綿敷布団は、もうペチャンコになっていて、仕事柄、腰が痛くてしょうがない。と、言うのです。

会社の寮はフローリングで、万年床が湿気易いと言う事も加味して、選んで送った敷布団
西川エクセル2ウェイ敷き布団〈セミダブル〉

念のために、シングルで牛乳瓶30本分の水分を吸い取る、吸湿シート『西川調湿当番』を一緒に送ってやりました。

その後、『チョ?、調子いいよ。特にセミダブルは、毎晩腰の位置が自由に変えられるから、へたりにくい気がして良かった?。』
と、電話があったきり、後はもう『なしのつぶて』。

若い人には若い人の生活と人生があるんだな?。と再認識。

いまや、若い女性からお年寄りまで大人気となった、
西川エクセル2ウェイ敷き布団

トラックバック(2)

トラックバックURL: https://www.anmin-ne.com/mt/mt-tb.cgi/40

損をしない寝具選び【安眠プラザCODAMA】 - 甥に選んだ敷布団 (2005年9月 9日 12:03)

私には、26歳の甥がいます。川崎市のある会社で、ロボットアームの組み立て部署を担当しているのだそうです。数年前は、仕事が少なく何か資格でも取らないと、《将来がヤ... 続きを読む

現在、ワンルームマンション暮らしの方が多く、メーカーも敷き布団はフローリング対応をメインに考慮した製品開発を行っています。ブームの低反発敷き布団は、商売的には売... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、smileが2005年9月 9日 10:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「羽毛布団の価格その2」です。

次のブログ記事は「私が甥に『エクセル2ウェイ敷布団』を選んだのは何故?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。