■500万円払った乗用車が、実は・・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

ただの軽四車と知ったらあなたは?
現実にはあり得ない話です。それは車の市場価格が一般に知れ渡っているから。

しかし、羽毛布団販売の世界では、実際にとても多い事例です。
せいぜい1.5?2万円程度のダック(アヒル)ダウン羽毛布団に十数万円。

どうしてそんな値段で買う気になったのか、買った方に聞いてみると、

『安い羽毛布団は、羽毛の部屋の間仕切りが上から縫い押さえただけなので、かさが出なくて暖かくないけど、この布団は立体キルトといって、間仕切りが縦桟を入れた高級な縫い方なので、暖かいよ。』と、言われたそうです。

車のディーラーをやっている友人の言によれば、『ここ十年の車の性能向上は目を見張るモノがある。』との事ですが、羽毛布団についても、ここ十年の品質向上と価格の普及化は隔世の感があります。

■今や立体キルトの羽毛布団は、普及タイプ羽毛布団でも当たり前なのです。■

羽毛布団は、羽毛の吹き出しを防ぐ為に特別な側〈がわ〉生地を使ったり、特別な処理をしたり
しなければなりませんが、最近のキルト技術や側生地の品質向上には目を見張るモノがあります。

十年前の感覚で、販売員の言われるままに羽毛布団を買っていたら、とんでもない事に。

気を付けて下さいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.anmin-ne.com/mt/mt-tb.cgi/67

コメントする

このブログ記事について

このページは、smileが2006年1月 6日 19:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何故か?今年はお正月に毎日年賀状が届きます。」です。

次のブログ記事は「安眠にタマネギの効用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。