羽毛布団と羽根布団の違いについて

専門店にとって、あまりに当たり前すぎて、見逃していましたが、呼び名を混同されている方がいまだに多いので、ここで、改めて羽毛布団と羽根布団の明確な区分をご説明します。羽毛布団知識の基礎・価格の秘密

羽毛には「ダウン」「スモールフェザー」「フェザー」の3種類があり、羽毛ふとんには「ダウン」「スモールフェザー」が使われます。

1羽の水鳥から、「ダウン」が約25g、「スモールフェザー」、「フェザー」がそれぞれ約60g採取されます。

「羽毛ふとん」は、ダウンを50%以上使用したふとんで、50%未満のものは「羽根ふとん」といいます。

現在の実情はよく分かりませんが、わたしの認識では羽根布団の価格は三千円程度から、ダウン50%の羽毛布団は五千円からという認識でいます。

夏用肌布団や、合い掛けふとんにはダウン50%やダウン70%も有りですが、本格的な冬用掛布団には、ダウン85%以上の肌ざわりよく、軽くて暖かい羽毛布団をおすすめしています。

更に羽毛布団の基本的な解説は≫≫

「ダウン90%の羽毛ふとん」は、「ダウン」が中綿重量の90%、「スモールフェザー」が10%詰められています。

【ダウン】
水鳥の胸部に密生し、羽軸がなくフワフワとしたタンポポの種子のわた毛のような形をしている羽毛で、ダウンボールと呼ばれます。

【スモールフェザー】
腹部などに生えている少しカーブした羽軸をもつ羽毛。羽根全体が柔らかいので羽毛ふとんに使われます。ダウンと混合され弾力性を発揮します。

【フェザー】
翼の部分に生えている羽軸を持った羽毛。一般的には羽毛掛けふとんには使われません。
敷きふとんや枕の詰めものに使われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。